2015年4月30日

アサダワタル「Notation ー表現未満の記譜法ー」

asada_program

◎制作者による番組解説
「1-3」と書かれた団地の壁でIたちとやった「死刑」の、あのボールの跳ね返りの方向の読めなさ/ 赤道のトンネルの仄暗さの中で浮かび上がる、果物を売るおじさんの手の深い皺/陶器山の「まむし注意!」と書かれた看板の間抜けさ/山田池のぬかるみへの恐怖/同規格の白い家群でピンポンダッシュするときのスリル/かかりつけの小児科の壁に描かれた動物園のイラストへの親しみ/太陽の光で火照ったいのしし公園の あのキノコの遊具に頬を擦り寄せたときのあの肌感覚/中学校の前の高台に建つ「三原台医療センター」の隅にあったあの草むらは………

◎番組データ

◎制作者プロフィール
アサダワタル(日常編集家)
1979年、大阪生まれ。文筆・音楽・プロデュース・講師業。日常に埋もれている些細な行為や未分な状況をコンセプトとして創作。著書に『住み開き』(筑摩書房)、『コミュニティ難民のススメ』(木楽舎)、『アール・ブリュット アート 日本』(編著・平凡社) など。各地で様々な演奏・音楽ワークショップを展開し、ドラムを担当するSjQ++にてアルスエレクトロニカ2013準グランプリ受賞。KBS京都ラジオ「Glow」パーソナリティ、京都精華大学ポピュラーカルチャー学部非常勤講師。

この番組に関連する図書